肩こり・腰痛・膝痛・坐骨神経痛などの痛み

痛み施術の特徴

肩に刺さない肩こり鍼・腰に刺さない腰痛鍼

こりや痛みに対しては、どうしても症状のある部位に集中的に施術しがちですが、急性期では特にその部位に施術すると、悪化することがあります。

特に注意が必要なのは、頚部への施術。

強い圧迫や伸展を加えると、頚椎への影響だけでなく、頚椎の内部を通り脳へと続く椎骨動脈を傷め、解離や脳梗塞のリスクが高まりますので、慎重な施術が求められます。

 

痛む原因にフォーカス

なぜそこにコリや痛みが現れたのか、原因(動作・姿勢・胃腸の状態・睡眠・生理周期など)を明らかにして、関連する経絡にアプローチすることで、症状を改善していきます。

例えば、肩のコリや痛みは、腕の使いすぎが原因で起きることが多いので、上腕・前腕・手へのアプローチが重要です。関連する経絡・経穴は下肢にもありますので、ふくらはぎや足への施術も欠かせません。

全身に施術します

トーリの基本方針:「症状がある部位だけに注目しないで、全体をみながら施術する」に従い、全身に施術を行います。

長時間のPC・スマートフォン・タブレットの使用により、無理な姿勢をとることが多くなり、肩こりはほぼ全ての方に現れているのではないでしょうか?

眼精疲労、腰痛、便秘、冷え、むくみなどを伴う人も増えています。

痛みの施術を利用された事例

坐骨神経痛:鍼で痛みの記憶をリセット

Hさん 50代

先生との10年は、振り返ると刺激的だったと思います。

先生は、私自身の予備力(治す力)を鍼をもって毎回目覚めさせてくれるのだと感じます。

長年続くとあきらめていた坐骨神経痛を神経痛の箇所に鍼を刺し、電気を流して筋肉の持つ痛みの記憶をリセットしてもらい、完全になくなった時は”神”と思いました。

医学論文にはあるそうですが、現実に起こりうるのだと実感しました。

メッセージ

Hさんとは長いおつきあいになりました。その後、坐骨神経痛の症状が出ていないので安心しています。私の経験では、坐骨神経痛は鍼の得意分野で、比較的早期に効果を実感するケースが多いです。殿部の痛みや脚のしびれなど、つらい方には鍼治療がおすすめです。

頚椎椎間板ヘルニア:PC作業がつらい

Kさん 30代

頸椎椎間板ヘルニアの診断を受け治療中、紹介いただきお世話になるようになりました。

おかげさまで回を重ねるごとに症状が軽くなることを感じられました。

その後も顎関節症など様々な不調がありましたが、毎回話を聞いていただきながらその時々の体調にあわせて様々な施術をしていただけることに感激しています。

忙しい日々の中で施術中は身も心もほぐれていくのを感じ、とても癒される時間です。

メッセージ

Kさんは、頚椎椎間板ヘルニアと診断され、1ヶ月余り自宅療養。職場復帰後は、コルセットを着用して様子をみながらお仕事をしていました。うつ伏せが難しい状態のため、仰向けや横向きで施術を続けています。今ではコルセットも不要になり、腕の疲れや顎関節症などのケアが中心になっています。

首の痛みの場合も、肩こり・腰痛同様、痛みのある部位には施術しませんので、仰向けのまま、手足への鍼で治療が完了します。今後とも、患者さんに無理のない状態で、効果的な施術ができるように追究していきます。

いかがでしょうか。

このように、鍼灸マッサージ施術によって、痛みなどつらい症状の解消が期待できます。
トーリの痛み施術に興味をお持ちの方は、ぜひお気軽にお問合せ・ご相談ください。

お気軽にご連絡ください

予約時間
火・水・金:12:00 14:00 16:00
土・日:12:00 14:00 16:00 18:00
定休日
月曜、木曜

お気軽にご連絡ください

<予約時間>
火・水・金:12:00 14:00 16:00
土・日:12:00 14:00 16:00 18:00
※月曜、木曜は除く

24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

はり・きゅう・マッサージ taulli (トーリ代官山)

住所

〒150-0021
東京都渋谷区恵比寿西1-34-15
ヒルズ代官山202号

アクセス

東急東横線代官山駅徒歩2分

予約時間

火・水・金:12:00 14:00 16:00
土・日:12:00 14:00 16:00 18:00

定休日

月曜、木曜