顎関節症の原因

「顎関節症」は、昔はかみ合わせの悪さが原因と考えられていましたが、現代では「多因子病因説」が有力のようです。

 

実際、「顎の不調は噛み合わせが原因と診断されて、歯列矯正をしたけれど、症状が改善しなかった」という方もいらっしゃいました。

 

様々な要因が積み重なって、その人が本来持っている顎関節や顎の筋肉の耐久度(あるいは強さ?)を超えると症状が出現するという考え方です。

 

その要因とは、例えば、

 

元々の顎関節や顎の筋肉の構造的な弱さ
下顎を転んでぶつけるなどの外傷
かみ合わせの悪さ
精神的緊張、不安、気分の落ち込みなどで、筋肉の緊張が持続し、筋肉や関節に負担がかかる
日常の行動要因

  • 歯列接触癖(上下の歯を持続的に接触させる癖のこと。何もしていないときは上下の歯は離れているのが正常。上下の歯が接触する程度でも筋の緊張・疲労が生じると言われています。)
  • 携帯やスマホの長時間操作
  • 姿勢不良:頬づえ、うつ伏せ読書など
  • 食事のときに片側で噛む癖 
  • 歯ぎしり
  • 食いしばり
  • 睡眠時の枕の高さや姿勢
  • コンタクト系のスポーツ
  • 歯科治療で長時間の開口
  • 楽器演奏

なども含まれます。

こうしてみると、なんだか、誰でも当てはまりそうな気がしてきますね。