トーリの生理ケア

トーリでは、生理に関するさまざまな症状の緩和にとどまらず、症状のない体づくりのサポートを行っております。

 

生理周期を基本におき、体質、生活習慣、季節、気候、心理的側面を考慮して、経穴の組合せを変えながら施術しています。

 

 

生理中:スムーズな排出をうながす

生理痛の緩和、生理に伴う腰や肩の痛み、体のだるさ、頭痛等のケアを行います。

月経血を排出しやすくし、便秘やむくみの解消をはかります。

特に生理痛には効果抜群で、施術を受けたすべての方が、変化を実感しています。

鍼は、出血が8日以上続く(過長月経)場合にも非常に効果的です。

排卵前 [低温相]:正常な排卵のサポート

正常な排卵をうながすためのケアを行います。

ホルモンバランスが調い、排卵がスムーズに行われるようになると、妊娠を希望される方も希望されない方も、タイミングを把握しやすくなります。

排卵後〜生理前 [高温相]:PMS(月経前症候群)のケア

生理前に多くの女性が実感する体の不調(PMS)のケアを行います。

PMSの症状は、イライラ、怒りっぽい、気分の落ち込み、乳房痛、下腹部痛、腰痛、頭痛、肩こり、むくみ、便秘、食欲亢進などさまざまです。つらい時間が減るよう、それぞれの状態に合った施術を行います。

Q:いつから始めればいいですか?

「ケアをいつから始めるといいの?」というご質問をよくいただきます。

 

基本的には、「始めたい時が始め時」なので、

いつから始めても大丈夫ですが、

悩みに応じて、「これくらいの時期に来てください」とお願いする場合もあります。

 

以下は標準的なプランです。

(生理周期28日の場合)

参考になさってください。

 

①生理痛がひどい時:1日目、または2日目

 生理痛の緩和、生理に伴う腰や肩の痛み、体のだるさ、頭痛等のケアを行います。月経血を排出しやすくし、便秘やむくみの解消にも効果があります。

 

*来院できないほどつらい方は、生理開始数日前に事前ケアを行うことをおすすめします。

②生理が長引く時:生理が1週間以上続く場合(8日目以降)

 出血が長引くと、子宮内膜の新たな形成が不十分になる可能性があるため、出血を止める方向で施術します。

③排卵前(12日目〜14日目)

 生理後の心身ともに安定した時期ですが、痛みなど不調を感じなくても、この時期の施術は生理周期一連の流れで重要です。

必ず受けるようにしてください。

 

 

④生理前(〜28日目)

 乳房痛、腹部膨満感、頭痛(とくに片頭痛)、手足のむくみ、

 イライラ、抑うつ状態、不安感、怒りっぽい、

 など心身ともにつらい時期です。

 食欲の亢進、便秘、体重増加、肌荒れなども!

 肩こり(とくに左側)も多くの女性にみられます。

 不調が最も多い時期なので、一番施術の効果が実感できます。

 

 ①でも触れましたが、生理痛が特に強くてご来院が難しい方は、この時期の施術が痛みの予防になります。

 

Q:どれくらい通えばいいですか?

最初の月に変化を実感なさる方がほとんどですが、安定した状態になるまで体に時間を与えることが大切です。

まずは3ヶ月(生理周期×3)継続して、施術を受けるようおすすめしております。

 

トーリが目指すのは、「症状の緩和」ではなく「症状のない体作り」です。

1回の施術で痛みなど不調が改善されても、そこでやめてしまわずに、是非、体の変化を十分に実感なさるまで、続けてご来院ください。


<シェアはこちら>

よろしかったら、

SNSでお友達にご紹介下さい。


はり・きゅう・マッサージ taulli (トーリ)〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西1-34-15ヒルズ代官山202 ☎03-6416-9882