トーリが大切にしていること

このページでは、「空間」「施術」「資格・免許」について、私たちがどのように考えているかをお話しします。

「空間」

▲水上コテージ
▲水上コテージ

私がこれまでで一番快適な時間を過ごすことができたサロンは、数年前に訪れた、南の島のリゾートにあるSPAでした。

そこは、ビーチのすぐそばで、外はとても暑いのですが、温度と湿度が快適に保たれ、

20畳ほどの室内にベッドが一つ。

 

壁や窓は白がベースで

とても明るく清潔感のある空間でした。

アロマ・マッサージの技術も素晴らしかったのですが、空間の心地よさがいつまでも残っています。

 

その記憶を大切にしながら、施術所づくりを行いました。

無垢材と漆喰の家を多く手がけておられる一級建築士藤田敦子さんの「作品」のファンになり、彼女に内装をお願いしました。

▲椅子は、calligaris(イタリア製)を使用
▲椅子は、calligaris(イタリア製)を使用

施術は、入室の瞬間から始まっています。効果を高めるためにも、心地よい環境づくりが大切と考えています。

 

杉と檜の無垢材を主体とした壁と床からあふれる木の香りに心が安らぎます。

 

また、衛生面に配慮し、使い捨てスリッパ、上下セパレートタイプの患者衣、便座除菌クリーナー、殺菌灯付エアタオルを採用しました。 


1.明るい施術室(L、R)はそれぞれ約4畳の広さです。

 

 

 

 

 

 

 

  2.ベッドは、温熱シート内蔵(高田ベッド製)。

   ジェルフェイス、ジェルバストは、体重を

  やさしく支え、うつ伏せも楽と好評です。

 

 

 

 

 

 

3.シンプルで清潔なトイレ、洗面台です。

    紫外線殺菌灯エアタオル、便座除菌クリーナー

  を備えています。

 

 

 

 

 

 

4.環境に優しい施術所を目指しています。

  衛生面を考慮して使い捨てスリッパ

  (不織布)を採用しています。

  使用後はお持ち帰りいただけるよう

  専用の保存袋をご用意しました。

 

 

 

 

5.施術室も待合室も基本的な明かりは

  優しいLED電球を配置しています。

 

 

  

内装は、Bois(ボワ)設計室の藤田敦子さんにおねがいしました。URLは、http://www.bois-studio.com/

 

待合室のテーブルや無垢床タイルは、ニシアワー(岡山県西粟倉村)のものを使用しています。

URLは、nishihour.jp

 

その他、備品・雑貨は以下のお店で購入しました。

 

一輪挿しの花器やフック

  恵比寿 ファーマーズ・テーブル Farmer's Table

 

施術室のカーテンに使用している麻布

  二子玉川 リネンバード THE LINEN BIRD

 

飾り棚 WOOD UNIK

 早稲田鶴巻町 リグナ東京 Rigna

「施術」

■より高い技術の追究

【伝統的中国鍼灸+チャクラ鍼灸+現代鍼灸

★特に、減量、肩こり、眼精疲労、便秘、冷え性に実績があります。

科学と伝統の融合。経絡理論を軸に、根本からの改善を目指します。すばやく正確な刺針です。

 

【経絡マッサージ(推拿|すいな)】

★鍼が苦手な人にも。あん摩マッサージ指圧師による手技。

押し込めるのではなく、こりや痛みを外へ散らし、飛ばすイメージです。軽快なタッチで、深いところまでしっかり効いて、揉み返しがありません。 

鍼灸との組合せがベストですが、経絡マッサージだけでも変化を実感できます。

 

【カッピング(吸い玉、吸角療法)】

★東西医学の専門知識でこりや痛み以外にも。

リラックス効果が高く、深い眠りが得られます。筋肉の疲労だけでなく、慢性疾患にもよく使います。また、鍼灸との組合せで、ニキビやアトピー性皮膚炎など肌トラブルにも有効です。

 

▲トーリの左手の法則
▲トーリの左手の法則

■複眼的に診る

 

「複眼的に診る」とは、複数の視点から皆さんの状態(症状、問題の根本的原因、生来の気性や体質、生活習慣など)を把握することです。その結果、最適な施術法を見いだすことが可能になります。

 

トーリの複数の視点とは、①現代医学、②鍼灸医学の経絡理論、③ヨーガのチャクラ、の3つです。

 

現代医学:病名や症状、検査の項目や数値など、体について話をする際の現代人の「共通言語」。 

 

鍼灸医学の経絡理論:経絡は「気血」つまりエネルギーが流れる道。陰陽論や五行説も登場します。 

 

ヨーガのチャクラ:私たちの体にある7つの「エネルギーの出入り口」(メジャー・チャクラが7つ、マイナー・チャクラが21という説も)それぞれのチャクラは、肉体的・知的・心理的・情動的な健康状態を反映すると言われています。

「資格・免許」

トーリの施術者は、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の3つの免許保持者限定です。

国家資格にこだわるのは、以下の理由によります。

 

まず、国家資格とは何か、wikipediaの定義をご覧下さい。

「国家資格とは、法律に基づいて国 が実施する試験(国家試験)などにより、個人の知識や技能が一定の段階以上に達していることを行政が確認し、その結果として行政のその権限に基づいて一定 の行為を行うことを許可するものであるため、年齢の下限・上限による制限が多く、学歴による制限が課される場合もある。」

 

 あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゆう師等に関する法律(あはき法)」という法律に基づいており、治療院(正式には施術所)の設備や面積、看板に記載してもよい事項などが細かく定められています。

 

また、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師は業務独占資格(=特定の業務に際して、特定の資格の免許、免状等を取得しているもののみが従事可能で、資格がなければその業務を行うことが禁止されている資格)です。  ☞ 業務独占資格

 

あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師の場合、最低でも3年間、特定の学校に通い、解剖学・生理学・臨床医学・東洋医学などを学び、国家試験に合格し、免許の登録をしなければなりません。

 

辛い症状が出ている場合、重大な問題を抱えている可能性があります。それを見分けて、専門医の受診をお勧めすることもあります。

医学について最低限の知識を持っていないと、人の身体には触れない、ということです。

 


また、羽鳥(常勤)、長谷川(非常勤)とも、臨床知識のレベルアップの為に、日本医学英語検定試験を受検し、合格しました。

◆日本医学英語検定試験の等級は次の通りです。

 

1級:英語での研究論文の指導,国際学会・会議での座長・議事進行ができるレベル(これらにおける倫理的指導能力を含む)

 

2級: 英語での論文執筆・学会発表・討論、医学英語教育が行えるレベル

 

3級: 英語で医療に従事できるレベル(医師・看護師・医療従事者,通訳・翻訳者,等)

 

4級:基礎的な医学英語運用能力を有するレベル(医科大学・医療系大学在学あるいは卒業程度)