トーリの特長

肩に刺さない、腰に刺さないけれど、肩こり・腰痛に効く

 

「肩が痛いのに、肩には鍼をしないんですね」

「お腹に刺すんですか?腰痛なんですけど」など、驚く方がいらっしゃいます。

肩こり・腰痛などの部位(局所)には 直接鍼を刺さないのが、トーリの基本です。

 

【理由1】

痛みを感じている箇所と問題のある箇所が異なる場合が多い。

例:外回りの営業の男性が、右の腰〜下肢が痛く、足を引きずりながら歩くことが多いと訴えて来院されましたが、よく見ていくと、問題は左半身にあることがわかり、ご本人も驚いていました。

 

【理由2】

局所治療ではポイントを外す場合が多く、患者様に不安と不信感を与えてしまう。

例:他院で長く肩痛の治療をしているが改善が見られないため来院した患者様の肩をみると、鍼による皮下出血で真っ青でした。そこで、ふくらはぎに鍼を1本刺して、肩を回す体操をしてもらいました。すると、すぐに痛みが取れ、腕も上がるようになりました。

 

【理由3】

局所に注目すると、「患者様の全体」が見えなくなる。

例:慢性的な便秘に悩む女性は、長いこと腹部中心の鍼を受けてきたものの、あまり効果がなかったようでした。そこで、その方の職業と生活習慣を考慮し、頚や肩を楽にする鍼をしたところ、数分後トイレに行きたいと申し出られ、急いで鍼を抜いたことがあります。

 

【理由4】

多くの患者様を施術してきて、重要な経穴(ツボ)のある手足(肘、膝から先)への刺針が最も効果的です。経絡理論が確信となる瞬間です。

例:ぎっくり腰で両脇を支えられながら来院した男性は、施術用のベッドにうつ伏せになるのさえ耐えられないご様子でした。急いで、手首と足首の近くに計4本の鍼を刺したら、すぐに効果が現れ、自立して歩いてお帰りになりました。

 

【理由5】

遠くの経穴が効果絶大

症状のある部位と経絡との関連を勘案して、一見関係なさそうな経穴(ツボ)に鍼を刺して効果が現れるのが鍼の醍醐味です。 トーリでは、マッサージにおいても、痛む箇所はほとんど触らず、経絡理論に従って施術をしています。

 

1)首の痛みには、手首・足首周辺の経穴

Mさんは、首が回らなくなってご来院。痛みがひどく、振り向くことができず、ベッドから起き上がるのもほんとうに大変な様子。吐き気をともなっていました。

例によって、首に直接鍼はせず、手足の経穴を中心に施術をしましたが、特に効果があったのは、手首・足首近くの経穴でした。

 

2)足首の捻挫の治療には、手首の経穴

ふくらはぎに鍼をした後、手首に鍼を刺して、痛む足首をかばうことなく、しっかり踏みしめながら歩いてもらいます。この方法で、劇的に痛みが改善し、軽々と階段でお帰りになる例をたくさん見ています。

 

3)嘘みたいに思われるかも知れませんが、膝の痛みには、肘の経穴への施術が、とても効果の出る治療法となっています。

 

4)右の肩こりは、左ふくらはぎの経穴で (and vice versa)というように、上下・左右交差した形の治療法です。重症の肩こりによく用いています。